品川近視クリニックのドライアイ治療

品川近視クリニックのドライアイ治療



品川近視クリニックのドライアイ対策は?

従来、レーシックを受けると、ドライアイになることがあるといわれてきました。
ドライアイにかかると、眼球表面を覆う涙を構成する成分が不足するため、不快感に加え、かすみ目や眼精疲労の原因にもなります。
レーシックで有名な品川近視クリニックでこの点についてどうやっているかですが、ドライアイ治療には万全の対策を立てている模様です。
品川近視クリニックでは、レーシック手術時、角膜にフラップを作る際、最新鋭の機械と技術で副作用の発生率を抑えることに成功しています。
角膜への負担が大きく軽減され、ドライアイ治療が必要になるケースは、あるにしてもごく少数に止まるのが現状です。

 

品川近視クリニックがなぜ選ばれるか品川近視クリニックが選ばれる理由


ドライアイの発生率はどのくらいあるのか?

レーシック手術後に発生するドライアイは、通常、ドライアイ治療を特に施さずとも、時間の経過に伴って次第に改善されてはいきます。
そうかといって、不快な状態が続くのは極力避けたいもので、品川近視クリニックのように、初めから技術力のあるところで施術を受けるのが、結局はお得と言えます。
データを見ると、品川近視クリニックでドライアイにかかった割合は全体の4%程度、再手術率に至っては1%未満と、ごく少数派に止まっています。
レーシック業界全体を見渡しても、トップクラスの低い数字で、実質的に、ドライアイの治療はほぼ気にすることがないレベルと言えるかもしれません。
仮に、再手術が必要となる事態になったとしても、品川近視クリニックでは、充実の保障制度があるので、その点も安心です。
保障期間内であれば再手術は無料です。
クリニック側としても、ドライアイ治療も含め、術後の経過は良好なほうがよいわけで、そのための努力や投資は惜しんではいないようです。

 

ところで、レーシックは角膜などの状態によって5人に一人は手術を受けることができないと言われます。
術後のドライアイのことを心配するのも大切ですが、その前に自分に手術適性があるかどうかのチェックも大切です。
まずは無料検査を受け、その場でいろいろと質問してみるのが近道です。

 

もっと詳細な情報が見たい方はこちらからどうぞ

クリック!


無料検査予約をされる方はこちらからどうぞ

▼無料検査予約フォームはこちら▼