品川近視クリニックの飛蚊症治療

品川近視クリニックの飛蚊症治療



品川近視クリニックの飛蚊症治療について

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、文字通り、視界の中に蚊が飛ぶように見える症状です。
「蚊」のように認識する人もいれば、「黒っぽい糸くず」あるいは「奇妙な形の水滴」のように認識する人もおり、その見え方は人によっていろいろです。
それをよく見ようと目を動かすと、その「見えているモノ」も逃げるように動き、その動きが「蚊」のように表現されるのかもしれません。
その原因は、眼球の硝子体が濁ることによりますが、一時的な場合も多いです。
ただ、網膜剥離などの網膜の損傷や糖尿病の症状の場合もあるので、その点、注意が必要となります。

 

一時的な飛蚊症に対しては、手術のリスクをとるよりも、「しばらく様子を見ましょう」ということになるのが多いようですが、もし、症状がひどい場合は、手術による治療があります。
硝子体の手術になるので、これまで日本ではほとんど行われておらず、もしやるとしたら渡航費をかけてアメリカなどの海外で受ける必要がありました。
その飛蚊症用のレーザー治療を日本ではじめて導入したのが品川近視クリニックなのです。
メスや器具が直接眼球に触れることがない手術なので、格段に安全でいかも治療時間も短くて済むのが特徴。
なにより、「これまで治療法がない」と思ってあきらめていた方に、「鮮明な視界」が開けるということは画期的なことかもしれません。

 

 

さて、この飛蚊症とレーシックの手術についてですが、以前の品川近視クリニックの「Q&A」コーナーには次のように回答されていたようです(回答は要約です)。

 

Q 飛蚊症がひどいのですが、レーシックをしても大丈夫なのですか?

 

A 飛蚊症がある場合でも、眼の状態に問題がなければ(飛蚊症が眼の病気によるものでなければ)、レーシック治療には支障ありませんので、手術はお受け頂けます。レーシック治療では角膜の治療は行いますが、硝子体には影響を及ぼしませんから、残念ながら飛蚊症は改善しません。

 

これによれば、レーシック手術と飛蚊症の手術は、異なった術式であることがわかります。
いずれにしても、まずは手術が可能な眼球の状態かどうかをチェックしなくていはいけません。
検査は無料ですので、検討中の方は、まず自分が手術に適応しているのかしていないのか、を知るためにも一度検査しておきましょう。

もっと詳細な情報が見たい方はこちらからどうぞ

クリック!


無料検査予約をされる方はこちらからどうぞ

▼無料検査予約フォームはこちら▼