品川近視クリニックの角膜強化

品川近視クリニックの角膜強化



品川近視クリニックの角膜強化法の所要時間は10分程度

角膜強化法とは、角膜の繊維同士の連結を強化することで、文字通り角膜の強度をアップさせる方法です。
元々円錐角膜の治療方法として開発された経緯がありますが、品川近視クリニックなどでは、レーシック施術効果を補強するオプションとして存在感を増しつつあります。

 

角膜強化法は、クロスリンキングとも呼ばれ、角膜にリボフラビン(ビタミンB2の別名)を点眼しつつ、紫外線を照射し、実質部のコラーゲン線維の結合度を高め、角膜の強度を上げていく方法で、品川近視クリニックでも標準的な施術メニューです。
所要時間は、以前は片目だけで30分以上かかっていたものですが、品川近視クリニックでは最新機器の導入で10分程度と大幅に時間を短縮させています。

 

角膜強化後は、強度が最大で300%も増加すると言います。
施術効果の持続期間が長いのもメリットです。
紫外線に不安を感じる向きはあるでしょうが、照射量は、夏季の戸外で浴びる量と同程度かやや少ない程度で、安全性も確立されています。

 

品川近視クリニックがなぜ選ばれるか品川近視クリニックが選ばれる理由


強度近視、角膜が薄い人、術後の角膜拡張症が予想される人にはおすすめ

原理的に、レーシックは角膜を削る視力向上方法であるので、術後に角膜が薄くなります。
フラップ作成だけでも90μは削られ、強度近視なら、さらに100μ以上という事情もあり、レーシックと角膜強化のセットは理に適ったことで、品川近視クリニックでも、普及に尽力している模様です。

 

体験談などによると、角膜強化は、強度近視、角膜が薄い人、術後の角膜拡張症が予想される人など、品川近視クリニックの場合、来院者の2割程が、対象者となるといいます。
費用が単独で20万円程度と、選択に少々勇気のいる値段ですが、人によっては術後のリスクを軽減させるための有望な選択たり得る施術方法です。

 

レーシックは角膜などの状態によって5人に一人は手術を受けることができないと言われます。
品川近視クリニックでは、さまざまな技術により、その適応枠を広げてはいますが、
まずは、来院して無料の適正診断を受け、自分が適性かどうかだけでもチェックしておきたいものです。

もっと詳細な情報が見たい方はこちらからどうぞ

クリック!


無料検査予約をされる方はこちらからどうぞ

▼無料検査予約フォームはこちら▼